あなたにおすすめのクリーニングを探す>>

【おすすめ頻度】コートのクリーニングは出さないと汚れで痛む?コートを長持ちさせるクリーニング術

 

羽織りもののコートをクリーニングに出す頻度って、どれくらいの間隔で出すべきか迷いますよね。

博士

何度もクリーニングに出すとお金がかかってきますし、かと言って全く出さないとコートに汚れが蓄積され傷みの原因になってしまいます。

自宅で洗うのが難しいコートだからこそ、クリーニングに出しておくだけで綺麗な状態を保つ事ができます。コートをクリーニングに出す最適な頻度や、出しておくべき正しいタイミングを紹介していきます。

注意
手洗いできる春コートなど増えてきていますが、コートは洗濯しすぎると型崩れの原因になります。

コートをクリーニングに出さないとどうなる?出さないとヤバイよ!

愛着の沸いたコート、仕事で毎日使うコートなどきちんとお手入れしていないと大変なことになります。

博士

コートが汚れて痛む

実は、肌に直接触れていないコートでも、ワンシーズン着ただけでかなりの汚れがついているんです。外からの埃・花粉・排気ガス・雨・外気中の小さな虫の死骸など。

もしそのままクリーニングに出さずに自宅のクローゼットに保管している場合は、落とせる汚れが付着してコートが傷む原因になってしまいます。また、コートをクリーニングに出さずに自宅で洗ってしまうと

  • 型崩れ
  • 毛羽立ち
  • 毛玉
  • 伸び
  • ヨレ
  • 色落ち

などの原因にもなってしまいます。

特に、ウールやカシミヤのコートは水で洗えない為、石油系の溶剤を使った特殊な洗い方である「ドライクリーニング」に出さないと、汚れが落ちない場合が多いので覚えておきましょう。

カビや異臭で臭くなる

コートをクリーニングに出さないと、異臭やカビで臭くなる原因になります。人の皮脂汚れをカビが餌にして増えていく為、大きな汚れがなくてもカビの原因になってしまいます。

また、カビは胞子を散らす性質があるので、一つのコートから他の服にカビが付着します。梅雨だけではなく、クローゼットの中は湿度が70度以上あると言われている為、季節を問わずカビが生えやすい環境です。
さらに、タバコや皮脂の汚れは時間が経つと「ノネナール」という加齢臭のような臭いになってしまう事もあります。一つのコートをクリーニングに出さないだけで、同じクローゼット内の洋服にも影響するので注意しましょう。

最適なコートのクリーニング頻度

コートのクリーニングは1年に1回、気になる方は年に2~3回くらいがベストです。

博士

平均は1年に1回

コートをクリーニングに出す平均の頻度は、最低でも年に1回は出しておきましょう。冬物のコートは、春先に1回ほど出しておくのがベストタイミングです。
衣替えの「これからのシーズンに着よう!」というタイミングの”シーズン直前”よりも、ワンシーズン着た直後にクリーニングに出しておくのがおすすめ。

もしコートをクリーニングに出す頻度に迷ったら、まずは平均である年に1回の「シーズン直後」を意識して出すようにしましょう。

コートを長持ちさせるなら中間洗い

しかし、年に1回だけだと湿度や他の洋服から移った汚れでコートが傷んでしまう原因にもなります。コートを長持ちさせるなら「中間洗い」と言って

  • 冬シーズン中の2~3ヶ月に1回
  • オフシーズンに1回

の、年間2回を目安に出しておくのがおすすめです。
中間洗いすることにより臭いや汚れはすぐに落ちるので、ワンシーズン着てからよりも途中で1度クリーニングに出すと長持ちします。

特に、ホワイト・ベージュ・パステルカラーなどの明るいコートは、汚れが目立ちやすいので中間洗いを出した方がキレイな状態で保管できます。

しかし、ウールやカシミヤなどの繊細なコートは、クリーニングに出す頻度が多いと逆に生地が薄くなったりするので注意が必要です。

クリーニング店には必ず”染み抜きコース”がオプションで設定されているので、もし目立つ汚れができた場合は染み抜きだけでも出しておくといいでしょう。

コートの洗い方

コートの洗い方について3つご紹介いたします。

博士

コートクリーニング

コートは自宅で洗える素材のものもありますが、コートクリーニングに出すのが一番確実です。最近では宅配クリーニングも送料込みで5日程度で仕上げてくれる為、シーズン中でもクリーニングを利用しやすくなっています。
素材やコートの丈の長さによってもピンキリですが、料金もそこまで高額ではありません。ショート丈のコートなら1,000円台〜が平均で、高級素材を使ったアンゴラやカシミアのコートでも3,000円ほどでクリーニングに出すことができます。
長持ちさせる為にも、洗い方に迷ったら一番確実なコートクリーニングに出しておきましょう!

コインランドリー

コインランドリーだと、自宅でなかなか洗いにくい大きなロング丈コートも洗えそうですがおすすめはしません。

コインランドリーは大容量で強力な洗浄力があるだけで、デリケートで繊細な服は洗えない仕様になっています。そのため大切なコートが傷んでしまう原因になります。

また、コインランドリーの洗濯機にはドライクリーニングの設定もありません。水で洗えないウールなど、家の洗濯機で洗えないものは同じくコインランドリーでも無理だと思っておきましょう。

洗濯機で洗う

コートクリーニングに出すのが一番確実ではあるものの、「自宅で洗えるコート・洗えないコート」があります。

一番分かりやすいのは「桶」のマークがあるかどうかを確認しましょう。

 

  • 数字が書いてあれば液温の限度を守って洗える(90と書いてあれば90度まで洗える)
  • 手の表記があれば「手洗いマーク」と言って40度を限度として手洗いができる
  • もし桶に×印があれば家庭での洗濯禁止

 

手洗いマークがある場合でも、洗濯機に「ドライモード」「手洗いモード」などがあれば、洗濯機で洗ってもOKです。

特にダウンコートなどは、自宅で洗えるものが多く、ネットに入れておしゃれ着用洗剤で洗うとふんわりとしたボリュームが戻ってきます。

コートのクリーニング頻度まとめ

  • コートは1シーズン着たら洗濯する
  • 洗濯方法はクリーニング一択のみ!
  • 頻度は年1(気になる方は中間洗いを)
  • カミシヤ等はこまめにブラッシングする

 

他にもクリーニングに出すと【撥水加工・花粉防止加工・毛玉取り・静電気防止・防虫加工】など、自宅ではできないオプションも行なってくれます。

ぜひコートクリーニングで綺麗な状態を保って、大切なコートを長持ちさせてくださいね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です