どこに頼むのが正解?
給湯器交換業者おすすめランキングを見る

エコキュートとガスを併用するメリットは?気になる費用や知っておくべきポイント・おすすめの給湯器業者を紹介

光熱費の安さが魅力のエコキュートを導入する際、ガスと併用にするかオール電化にするかお悩みの人は多いです。どちらにもメリット・デメリットがあるため、それぞれの特徴を理解した上で選択することが求められます。

今回はエコキュートとガスの併用のメリットを重点的に解説します!

給湯器交換Navi

エコキュートとガス併用を検討している人は、ガス給湯器業者へ相談しましょう。おすすめは、給湯器の実績を多く持つキンライサー正直屋給湯器駆けつけ隊です。特にキンライサーは、24時間365日いつでも相談できます。

人気No.1の給湯器交換業者

【公式HP】https://www.kyutooki.com/

  • 給湯器が最大80%OFF
  • 顧客満足度第1位
  • 無料10年保証

もれなく3,000円引き

※ 今なら10年間無料商品10年無料工事保障が無料でついてきます。

エコキュートとガスを併用するメリット

オール電化のイメージが強いエコキュートですが、ガスと併用にすると3つのメリットが得られます。

エコキュートとガス併用のメリット

  • 災害時にもお湯を使用できる
  • エコキュートとガスを使うと光熱費が安くなるケースがある
  • エコキュートの導入で補助金ができる自治体もある

それぞれの詳しい内容を見ていきましょう。

災害時にもお湯を使用できる

オール電化の場合、災害などで電気が止まってしまうと使用することができません。しかし、ガスと併用しているエコキュートであれば貯湯タンクにお湯が溜まっているため、停電中でもお湯が使えます

供給がストップする確率も、電気よりガスの方が低いです。小規模の災害も停電は起こりやすいため、オール電化にすると「お湯が使えなくて困る…」といったシーンに直面することが増えるかもしれません。

災害対策をメインに考えると、ガス併用のエコキュートがおすすめです!

給湯器交換Navi

エコキュートとガスを使うと光熱費が安くなるケースがある

「オール電化のエコキュートは光熱費が安くなる!」と考える人は多いかもしれませんが、実はガス併用のエコキュートの方が光熱費が安くなるケースがあります。なぜなら、電気代は時間によって変動し、昼間の電気代は高額になるからです。

日中に料理や掃除・洗濯などで頻繁にお湯を使う場合は、オール電化よりもガス併用のエコキュートの方が光熱費が安くなる可能性が高いです。ライフスタイルに合わせてお得になる方を選びましょう。

エコキュートの導入で補助金がでる自治体もある

エコキュートは、自治体によって導入費用に補助金が出る場合もあります。38都道府県の自治体でエコキュートの補助金制度があるため、お住まいの地域の補助金制度を調べてみましょう。

エコキュートの導入には30万円前後の費用がかかりますが、補助金が出ることで1〜3万円ほど安くエコキュートを導入できます。

「ガス併用だったらエコキュートの意味がないのでは…?」と思っている人も、補助金が出る自治体の地域で暮らしている場合はガス併用でのエコキュート導入を検討するのもおすすめです。

オール電化をやめてエコキュートからガスに戻すメリット

現在エコキュートを使用している人の中には、「エコキュートからガス給湯器に変えたい!」という人もいます。エコキュートからガス給湯器に変えたい理由には、以下の理由が挙げられます。

エコキュートからガス給湯器に変える理由

  • 交換・修理費用が高い
  • 光熱費が高くなった

これらの理由でエコキュートからガス給湯器に変える場合、2つのメリットがあります。

エコキュートからガス給湯器に変えるメリット

  • 給湯器の交換費用が安い
  • 電気の使用量が減る

それぞれの内容を見ていきましょう。

給湯器の交換費用が安い

エコキュート・ガス給湯器それぞれの交換費用は以下の通りです。

  • エコキュート:15〜50万円
  • ガス給湯器 :10〜20万円

本体価格を見ると、エコキュートよりもガス給湯器の方が安い傾向にあります。エコキュート交換が必要な人は、エコキュートではなくガス給湯器を選ぶことで費用を抑えることができるでしょう。

修理費用においても、エコキュートよりもガス給湯器の方が安くなるケースが多いです。故障や不具合時の万が一の出費額を減らしたい人は、エコキュートよりもガス給湯器がおすすめです。

電気の使用量が減る

エコキュートをオール電化で使用している場合、毎月の電気代の請求はかさんでしまいます。エコキュートからガス給湯器に変えることで電気の使用を減らせ、電気代を削減することが可能です。

電力が自由化したことで、冬の時期の電気代高騰や各電気会社の値上げなど、電気代は年々上昇しています。そんなタイミングでエコキュートからガス給湯器に変えることで、月々のランニングコストを削減できるでしょう。

費用面や災害時のリスクを考えると、ガス併用の検討がおすすめ

オール電化には、本体費用が高いことや災害時に電気の供給がストップするとお湯が使えないなどのデメリットがあります。

昼間や冬場に電気を頻繁に使うと光熱費が高くなる可能性もあるため、「光熱費が抑えられるからエコキュートに変える!」などと考えてオール電化のエコキュートにすると、後悔してしまうかもしれません。

エコキュートを導入する際は、ライフスタイルに合わせてオール電化・ガス併用のどちらかをじっくり検討しましょう。

給湯器交換Navi

エコキュートとガスの併用で後悔しないための確認ポイント

エコキュートをガスを併用を決めた人は、以下の3つのポイントを確認することが重要です。

エコキュートとガス併用の確認ポイント

  • 昼間の電気やお湯の使用量をチェック
  • オール電化とガス併用の基本料金をシュミレーション
  • キッチンはガス、エコキュートはお風呂など使用用途が明確になっているか再確認

これらを確認しないと、オール電化のエコキュートの方がお得だった!ということもあり得ます。それぞれの内容は以下の通りです。

昼間の電気やお湯の使用量をチェック

オール電化は、夜間の電気料金が安いのが一般的です。日常的に夜間に電気を使うことが多い人は、ガス併用のエコキュートよりもオール電化の方が電気代が安くなる可能性が極めて高いと言えます。

ガス併用とオール電化で迷っている人は、昼間にどれだけの電気やお湯を使うかをシミュレーションしてみましょう。昼間より夜間の電気使用量が多い場合は、ガス併用よりオール電化の方がおすすめです。

オール電化とガス併用の基本料金をシュミレーション

オール電化とガス併用のどちらがお得かを判断するために、実際に基本料金をシミュレーションしてみましょう。それぞれの基本電気利用料は以下の通りです。

オール電化の場合
電気のみ:1,716円

※東京電力EP「スマートライフS」60Aの場合

ガス併用の場合
LPガス:2,736円

都市ガス:1,914円

※東京電力EP「従量電灯B」30Aの場合

オール電化にはガスの基本料金が不要なため、基本料金は2,000円以下に抑えることができます。しかし、オール電化にすると契約アンペア数を大きくする必要があるため、ガス併用の基本料金と大きな差は生まれません

キッチンはガス、エコキュートはお風呂など使用用途が明確になっているか再確認

エコキュートをガスと併用する場合は、ガスと電気のそれぞれの用途を明確にする必要があります。使用用途が決まっていないと、業者ごとや現状との光熱費の比較ができないからです。

次回の交換時にエコキュート・ガス給湯器のどちらに変えるか知っておくためにも、導入前に使用用途を明確にしておきましょう。

お得にガス給湯器の導入・交換が可能なおすすめ業者3選

エコキュートからガス給湯器に変えたい人は、給湯器専門業者に相談しましょう。数多くの給湯器業者はありますが、特におすすめなのが3つの業者です。

  1. キンライサー
  2. 正直屋
  3. 給湯器駆けつけ隊

すべての業者が豊富な種類のガス給湯器を取り扱っているため、給湯器にこだわりがある人も満足して交換することができます。

特におすすめなのが年間工事実績30,000件以上のキンライサーです!

給湯器交換Navi

【最短当日工事可能&10年保証】キンライサー

【公式HP】https://www.kyutooki.com/

対応エリア 全国対応(離島除く)
対応メーカー ノーリツ、リンナイ、パロマなど
価格 税込38,500円~
保証 ・10年間無料工事保証
・10年間無料商品保証
利用するメリット ・本体最大80%OFF
・年間30,000件以上の施工実績
・即日対応可能
詳細 公式HP

キンライサーの大きな魅力は、工事・商品にダブルで無料の10年保証がつくことです。商品に無料保証がつく給湯器交換業者は少ないため、給湯器に万が一の不具合が起きてもキンライサーを選んでおけば安心です。

エコキュートの本体価格は最大80%OFFなので、メーカーに直接依頼するよりもお得に給湯器を導入できます。24時間365日営業しており、最短即日で給湯器の交換が完了するため、急な不調にも安心です。

キンライサーの公式HPを見る

【最大81%割引】正直屋

【公式HP】https://syouzikiya.jp/

対応エリア 全国6エリア37都道府県
対応メーカー ノーリツ、リンナイ、パロマなど
価格 税込63,000円〜
保証 ・10年間無料工事保証
・2年間無料商品保証
利用するメリット ・本体最大81%OFF
・月間1,000件以上の施工実績
・即日対応可能
詳細 公式HP

正直屋には、10年間の無料工事保証がついています。給湯器本体にはメーカーの2年保証が無料で付いていますが、有料の延長保証サービスに加入すると、最大10年間保証してくれます。

正直屋は給湯器本体をメーカーから直接仕入れているため、最大81%の割引額の高さが大きな魅力です。見積もりを依頼するとその場で費用がわかるため、交換業者の比較も簡単に行えます。

正直屋の公式HPを見る

【最大91%割引】給湯器駆けつけ隊

【公式HP】https://kyutouki-kaketsuketai.com/maker/kyutouki

対応エリア 全国3エリア18都道府県
対応メーカー ノーリツ、リンナイ、パロマなど
施工料金 税込74,800円〜
保証 ・10年間無料工事保証
・10年間無料商品保証
利用するメリット ・本体最大91%OFF
・24時間365日受付
・最短30分で駆けつけ可能
詳細 公式HP

今回紹介する3社の中で、給湯器本体の割引率が一番高いのが給湯器駆けつけ隊です。名前の通り、修理・交換に最短30分で駆けつけるため、給湯器の壊れる前兆が起こってもすぐに診断してくれます。

専門の知識を持った技術力の高いスタッフが交換工事を行うため、安心して任せることができます。対応エリアは限られていますが、該当する人はキンライサー・正直屋と比べてみるのもおすすめです。

給湯器駆けつけ隊公式HPを見る

エコキュートのみを利用する「オール電化」とは?

エコキュートには、オール電化とガス併用の2つの選択肢があります。オール電化にすると電気の力を使って水を温めているため、ガスを一切使用せずにお湯が沸くのが特徴です。

オール電化にすることで、家のすべてのエネルギーが電気によってまかなわれます。

  • 給湯器
  • キッチン
  • 暖房器具

ガスを使わないためガス代を節約することができますが、停電が起きると家のすべてのエネルギーが使えないといった懸念点もあります。

ここからはオール電化のメリットとデメリットを解説します。

給湯器交換Navi

オール電化のメリット

オール電化のメリットは以下の3つです。

オール電化のメリット

  • 火災のリスクが少ない
  • 災害時の復旧のスピードが早い
  • キッチンの掃除が簡単

それぞれの詳しい内容を見ていきましょう。

火災のリスクが少ない

オール電化はガスを一切使わないため、ガス漏れガス爆発の心配がありません。家でガスを使用していると、長期の外出時や災害時などにたびたびガスの元栓を閉める必要がありますが、オール電化はそんな手間も省けます。

特にキッチンはガスコンロではなくIHクッキングヒーターのため、直接火を使うこともありません。火が燃え移ったりする心配もないので、ガスコンロよりも火災のリスクを減らすことができます。

災害時の復旧のスピードが早い

大規模な災害が起きるとすべてのライフラインがストップしてしまい、最悪の場合長期間エネルギーが使えないこともあるでしょう。

しかし、電気はガスや水道に比べると災害時の復旧スピードが早い傾向があるため、万が一災害が起きてもすべての家電をいち早く使える使える可能性が高いです。

ポイント
過去に起きた大規模地震でも、電気はわずか1週間前後で復旧した実績があります。

キッチンの掃除が簡単

油跳ねや調味料などで汚れやすいキッチン周りをきれいに保つには、毎日の掃除が欠かせません。しかし、凹凸や細かいパーツが多いガスコンロはいちいち掃除をするのに非常に手間がかかります。

オール電化にするとガスコンロではなく調理面がフラットなIHクッキングヒーターを使うため、濡れたふきんでサッと拭き取るだけで汚れが取れます。その場ですぐに汚れが取れるため、毎日の掃除が楽になること間違いありません。

オール電化のデメリット

オール電化にはメリットが多い反面、主に3つのデメリットも存在します。

オール電化のデメリット

  • 導入の初期費用が高い
  • 料金プランによって光熱費が安くならないケースがある
  • 停電時への備えが必要

それぞれの内容は以下の通りです。

導入の初期費用が高い

家のエネルギーをすべて電力に変えるということは、すべてのアイテムをそれに伴うものに変更する必要があるということです。特に、エコキュートやIHクッキングヒーター、床暖房は高額なため、オール電化の初期費用には非常にお金がかかります。

さらに、本体価格でなく設置や交換費用も支払わなければいけません。トータル費用は100万円前後に及ぶため、どれだけ光熱費が安くなっても、初期費用を用意できなければオール電化は難しいと言えます。

注意
導入費用は製品や業者によって異なるため、前もって見積もりをとっておくことがおすすめです。

料金プランによって光熱費が安くならないケースがある

光熱費が安くなると言われているエコキュートですが、オール電化向けの電気料金プランは昼間の電気代が割高に設定されています。そのため、昼間にたくさんエネルギーを使う家庭の場合は、かえって光熱費が上がってしまうかもしれません。

エコキュート=光熱費の節約と安易に考えるのではなく、ガス代と電気代をそれぞれシミュレーションしてオール電化にするかを検討しましょう。

停電時への備えが必要

災害や給電不足、工事のミスなど、停電はさまざまな原因で発生します。オール電化の家庭で停電が起こると、電気だけでなくキッチンやお風呂、暖房などすべてが使えません

ライフラインが止まると日常生活がストップしてしまうので、そうならないためにも停電時への備えが必要です。

ポイント
太陽光発電や蓄電池などを備えておけば、もしもの停電にも安心です。

エコキュートとガスを使うならまずはガス給湯器業者に相談しよう

災害や補助金を公領すると、エコキュートはガス併用がおすすめです!

給湯器交換Navi

ガス併用エコキュートには、大きく3つのメリットがあります。

  1. 災害時にもお湯を使用できる
  2. エコキュートとガスを使うと光熱費が安くなるケースがある
  3. エコキュートの導入で補助金ができる自治体もある

エコキュートとガスを一緒に使いたいと思った人は、ガス給湯器業者に相談しましょう。今回紹介したキンライサー正直屋給湯器駆けつけ隊は、すべて見積もり依頼は無料なので、相談だけでも気軽に応じてくれます。

特にキンライサーは、工事&商品の10年無料W保証がついてくるので施工後のアフターフォローも安心です。

人気No.1の給湯器交換業者

【公式HP】https://www.kyutooki.com/

  • 給湯器が最大80%OFF
  • 顧客満足度第1位
  • 無料10年保証

もれなく3,000円引き

※ 今なら10年間無料商品10年無料工事保障が無料でついてきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

\最大81%オフ! & 無料10年保証!/
キンライサーの公式HPを見る
\最大81%オフ! & 無料10年保証!/
キンライサーの公式HPを見る