あなたにおすすめのクリーニングを探す>>

【伸びない洗濯】ニットやセーターの干し方|ハンガーは型くずれする?簡単にできる干し方

 

秋から春にかけて活躍するニットやセーターですが、難しいのがお家での洗濯や干し方です。

博士

 
他の洗濯物と同じやり方で洗って干していると、すぐ型崩れしたり、伸びたり縮んだりして使えなくなってしまいます。

そこで今回は、ニットやセーターをできるだけ長持ちさせる洗い方・干し方の方法を解説していきます。
 

注意
ニットやセーターでも洗えないものが稀にあるので、必ず洗濯表示を確認してから始めて下さい。
 

気をつけたいニット(セーター)の洗い方・干し方NG3ポイント

ニットやセーターの洗濯でやってはいけないのは以下の3点です。

博士

  1. ネットを使わずに普通の洗剤で洗う
  2. ハンガーで干す
  3. カシミア系は自分で洗ってはいけない

 

①ネットを使わずに洗剤で洗う

洗濯ネットは衣類へのダメージを防いだり、摩擦で毛玉がつくのを防ぐ効果があるのでニットやセーターには必ず使いましょう。
 
サイズが合ってないと中で動いて意味がありません。服をたたんでピッタリ入るサイズのネットがベストです。

 

②ハンガーで干す

ニットやセーターを洗うと水分を多く含んで重くなります。その状態で普通のハンガーに干すと、下に圧力がかかって肩周りが伸びたり跡がついたりしやすいです。
 
洗濯後もハンガーに吊るして保管すると伸びるので、ニットやセーターは畳んで収納しましょう。

 

③カシミア系は自分で洗ってはいけない

洗ってはいけないニット

カシミアには「家庭での洗濯不可」マークが付いていることがほとんどです。
 

手洗いで洗えないこともないですが、せっかくいい値段を出して買ったカシミアですから、長持ちさせるためにもドライクリーニングに出すのがおすすめです。洗うのも1シーズンに1回ぐらいで大丈夫なので、コスパも安く済みます。
 

カシミア以外でも洗濯不可マークが付いてる大事にしたい洋服は、洗濯機にかけないよう気をつけましょう。

 

ニット(セーター)が伸びない洗い方

ニットやセーターを自宅で洗うときのコツは以下の3つです

博士

ニットやセーターを自宅で洗うときのコツ
①ドライコースで洗濯する
②中性洗剤を使用する
③手洗いする

 

①ドライコースで洗濯する

洗濯機には通常のコースの他に、ドライコースという洗い方があります。ドライコースは優しく洗いとすすぎをしてくれ、脱水時には衣類が絡まないようにするので痛みにくく、デリケートな物を洗うときにピッタリです。

  • 手洗い
  • おうちクリーニング
  • ソフトコース

などお使いの洗濯機によって名前が変わるので、自宅の洗濯機にも同じコースがないか確認してみてください。
 

②中性洗剤を使用する

洗濯用の洗剤には弱アルカリ性と中性洗剤の2種類があります。
 
弱アルカリ性は洗浄力が強く、普通の洗濯洗剤はこちらです。それに比べて中性洗剤は汚れを落とす力では負けるものの、繊維を痛めにくい特徴があるので、ニットやセーターには中性洗剤を使いましょう。
 
中でも「おしゃれ着用洗剤」は1番衣類に優しく、まさにニットやセーターなどデリケートな衣類を洗うために作られた洗剤です。

 

③手洗いする

ドライコースでも痛みが心配な方、水洗い禁止の服を自宅でどうしても洗いたい方は手洗いをしましょう。手洗いのやり方は以下の通りです。
 

必要なもの

  • おしゃれ着洗剤
  • ぬるま湯
  • 風呂桶

 

手順1
おしゃれ着洗剤を溶かす
風呂桶にぬるま湯を入れ、おしゃれ着洗剤を溶かします。手荒れが心配な方はゴム手袋をしましょう。
手順2
押し洗いする
ニット(セーター)を入れて5分ほど押し洗いします。強く揉んだりせず、水の中に優しく押し込み、浮いてきたらまた押すを繰り返して下さい。
手順3
脱水する
ネットに入れ洗濯機で30秒〜1分ほど脱水します。あまり長く脱水すると痛むので最小限に抑えましょう。
 

ニット(セーター)が伸びない干し方・乾かし方

ニットは洗い方だけでなく干し方も重要なので、おすすめの方法を3つご紹介します。

博士

 

①平干しネットを使う


 
ハンガーにかけると型崩れしやすいニットやセーターにおすすめなのが、平干し用のネットを使うことです。きちんと形を整えて横にしたまま干せるので、ニットやセーターの干し方としてはこれがベストでしょう。
 

Amazonや楽天はもちろん、ニトリや100円ショップでも売っているので探してみてください。
 

②ハンガー2本を繋げて干す


 
平干しネットがない場合は、写真のようにハンガーを2本使って干すようにしましょう。

この方法なら下への重みが軽減されて、首回りが伸びにくくなります。

 

③ニット(セーター)は陰干しする

洗濯物は太陽の下で天日干しのイメージがありますが、ニットやセーターなどは陰干しが基本です。というのもウール系の素材は日の光に弱いので、長い時間外で干していると色落ちしてしまいます。
 
なのでニットやセーターは日陰の風通しが良い場所に干すようにしましょう。
 

ニットを干すなら平干しがおすすめ

ハンガーを繋げて干す方法も紹介しましたが、やっぱりニットを型崩れさせずに干すなら平干しが1番です。

博士

 
平干しネットがあれば脱衣所など室内で陰干しもできますし、1つは持っておくのがいいと思います。
 

他にも風呂場のフタの上で乾かしたり、バスタオル2枚で挟んで平干しにするなど方法はなくはないので、お家で横にして干せる場所がないか考えてみてください。

 

ニットやセーターの干し方まとめ

  • おしゃれ着用洗剤でドライコースか手洗いをする
  • 平干し・陰干しをする

 
ニットやセーターは洗い方にも干し方にも注意が必要なので、長く使っていくためには他の洋服より手間がかかります。
 

ただTシャツなどと違って必ず毎回洗わないといけないものでもないので、面倒な方は家では洗わずにまとめてクリーニングに出すのもいいでしょう。
 

クリーニングには水を使わずに汚れを落とす「ドライクリーニング」という方法があるので、ニットやセーターなど形が崩れやすい服を洗うのに最適です。
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です