あなたにおすすめのクリーニングを探す>>

ワイシャツを洗濯ネットで洗う時の正しい使い方は?サイズも紹介

ワイシャツを洗濯する時に洗濯ネットを使う方って多いですが、なぜ洗濯ネットを使ったほうがいいかご存知ですか?

 

仕事などで使っているワイシャツも、段々と暖かい時期になれば汗をかき、毎日洗濯しないといけなくなります。

しかし、洗濯すると衣服にダメージが蓄積されるのも事実です。

そこで使うのが洗濯ネット。

ワイシャツの傷みを出来る限り軽減してくれます。

今回はお世話になっているクリーニング業者の方に、家でワイシャツを洗濯する時のネットの使い方を聞いてみました。

洗濯ネットを使わないとどうなる?

洗濯ネットを今まで使っていなかった、もしくは、サイズなんて考えずに使っているというあなた。

なぜ洗濯ネットが必要なのか、ご存知ですか?

私みたいに「失敗した!」という経験があれば一発でわかりますが、色移りもしたこと無いし、なにが大切なのかわからないという方もいると思います。

しかし、実は気づいていないだけで、洗濯ネットが無いと、衣服の寿命を少しずつ縮めていくことになるのです。
洗濯ネットはなぜ必要なのか。

 

ネットが必要な理由はこちら↓

  • 色移りを防ぐ
  • 毛玉やゴミが服同士で移るのを防ぐ
  • 服どうしが絡まるのを妨ぎ、伸びないようにする
  • 服の型が崩れにくくする

色が移らないようにする以外にも絡まりやゴミを防いでくれます。

一緒にティッシュを洗ってしまったという方は、ネットに入れていて助かったなんて経験ありませんか?

ワイシャツを洗濯するときも、ネットを使うか使わないかで、傷みやよれ方が変わってきます

 

洗濯ネットを使うメリット

ネットには色移りを防ぐ効果もあります。

白シャツは色移りしやすいので、気をつけて洗濯してください。

色移りしてしまっと時は、迅速な行動が必要です。

乾く前に、まずこれをしましょう!

 

また、ワイシャツについているボタンは、洗濯中外れたり、割れたりすることもあります。

クリーニング業者では、ワイシャツのボタンを守るために、専用のカバーをしたり、アルミで巻いたりと、色々な工夫をこらさないといけません。

家での洗濯はネットさえあれば、そこまでする必要が無いので本当にありがたいです。

 

洗濯ネットの選び方

ワイシャツは畳んでぴったりサイズの洗濯ネットに入れて洗濯します。

伸びたりよれたりする原因は、洗濯中の擦れや絡まりです。

出来る限り1枚の洗濯ネットに対して、1枚のワイシャツを入れます。

洗濯ネットが大きすぎると、ネットの中で擦れが多くなりますので、ピッタリのサイズを選びましょう。

 

装飾があるもの(ヒレやスパンコールなど)は特に注意

洗濯した後に、スパンコールが外れて無くなってしまったり、襟元のヒレが糸が解れて破けたなんて事ありませんか?

他の衣服と擦れたり絡まることで、装飾が破けたり取れてしまうことが多いので、装飾がついている衣服はネットに入れるべきです。

 

ちょうどいいサイズは?

ちょうどいいサイズは、着ているワイシャツがピッタリ入るサイズですが、よくわならないという方もいらっしゃることでしょう。

サイズ的には、このくらいのものがちょうどいいです。


100円ショップにも売っていますよ。

しかし、ネットの強度や信頼度的を考えると、ちゃんとしたネットを用意しておくことをおすすめします。

 

中に洗濯方法が載っていますが、これならたしかに「絶対に型崩れしない」ですね!

この発想力凄いと、洗濯ネットに関してはいつも感心させられます。

 

 

まとめ

洗濯ネットに決まりはありませんが、正しい使い方をしないと、せっかく洗濯ネットを使っているのに、使っていないのと変わらないということにもなりかねません。

今回は私がプロから聞いた話をご紹介いたしましたがいかがでしたか?

衣服は洗濯ネットに入れる時に大きさ(詰め込みすぎorスカスカ)に気をつけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です