あなたにおすすめのクリーニングを探す>>

マットレスの洗濯方法と種類別の洗い方|ベッドのマットレスの洗濯

 

マットレスの寿命は約10年と言われています。1度購入したマットレスは頻繁に買い換えることは出来ませんよね。

・購入してから1度もお手入れしていない
・毎日同じ向きでマットレスを使っている
・マットレスが汚れたけど放置している

 

上記に該当する方はマットレスの寿命が10年以内で終わってしまう可能性が高いです。人間は寝ている間に約コップ1杯分の汗をかくと言われているので、もちろんマットレスにもダニや雑菌が繁殖しています。

 

ダニや雑菌まみれのマットレスで10年・・・と、考えるのはちょっと恐ろしいですね。決して安くはないマットレスを定期的に洗濯して、マットレスの寿命を数年のばすことも可能です。

 

マットレスを10年以上使っていくために、正しい洗濯方法を知ってお手入れしていきましょう!

 

【豆知識①】マットレスは洗濯機やコインランドリーで洗えない

答えは実に簡単です。マットレスはコインランドリーの洗濯機には入りません。仮に入ったとしても容量オーバーで洗濯機が回らないのでコインランドリーでは洗えません。家庭用の洗濯機にも入らないマットレスがほとんどです。

 

さらにマットレスは水に弱いです。「マットレスの弱点:水」なので、お洋服のように水でバシャバシャと洗えません。マットレスが傷んでしまいます。

 

しかし、この世にある全てのマットレスが洗えないわけではありません。マットレスの中には水で洗えるマットレスも存在します。まずはマットレスの種類と洗えるのか洗えないのかを知っていきましょう。

 

コインランドリーで布団が洗える?掛布団/敷布団/羽毛布団/綿布団はコインランドリーで丸洗いできるのか解説 コインランドリーで布団が洗える?掛布団/敷布団/羽毛布団/綿布団はコインランドリーで丸洗いできるのか解説

 

【豆知識②】洗えるマットレスと洗えないマットレスがある

スプリングと呼ばれる硬銅線コイルを螺旋状に巻いたバネを使用したマットレス。スプリングにもいくつか種類があり、通気性もよくカビにくい。
沈み込まず返す力が強いものが高反発。通気性は少し不十分であり、暑い日は蒸れやすい。しかし、スプリングマットレスに比べると軽く、お手入れもしやすい。
トゥルースリーパー”が有名の低反発マットレス。柔らかく身体にフィットしやすい寝心地の良さが特徴。原料の素材は天然ゴム(ラテックス)を使用しており抗菌作用があります。デメリットはかなり重たい。
洗えるマットレスとして人気を集めているマットレス。“エアウィーヴ”がこの高反発ファイバー。ポリエチレンの高分子繊維を絡め合うように編み込まれた素材でフィット感・通気性・柔軟性と評価が高い。(熱に弱い)

 

マットレスの中にも大まかな種類があり、マットレスの素材別に洗い方が違うので簡単に解説していきます。マットレスの洗濯表示に【手洗い可】と書いてあるマットレスは水洗いが出来ます。

 

マットレスの種類別の洗い方と洗濯方法

マットレスの洗濯方法(洗い方)を説明するね!

クリ

マットレスの中にも水で洗えるマットレスもあります。ご自宅で使っているマットレスがどの種類かを確認して下さいね。

スプリングマットレス(コイルあり)

洗濯
対処法 クリーニング

マットレスの内部にスプリングと呼ばれるバネが入っているもの全てが該当します。スプリングは水に弱いというより、しっかり中までカラッカラに乾燥させないと中のバネが錆びて劣化するのでバシャバシャ洗うことは出来ません。

マットレス全体に汚れがある場合は、クリーニング業者さんにお任せしましょう。部分的な手の平サイズの汚れであれば、自宅で濡れタオルを使った手洗いがおすすめです。

高反発ウレタンマットレス(ノンコイル)

洗濯
対処法 濡れタオルで慎重に洗う
クリーニングを探す

高反発のウレタンマットレスは水に弱いものがほとんどです。クリーニング業者でもNGの所が多く、自分で洗うことになります。

高反発ウレタンマットレスは、濡れタオルで押し洗いする方法が無難で安全です。ウレタンの中でも水洗い可能なマットレスもあるようですので、ご自宅のマットレスの洗濯表示をご確認下さい。マットレスカバーが取り外せる場合は、カバーだけでも洗濯機で洗いましょう。

低反発マットレス・ラテックス

洗濯
対処法 買い替え

低反発マットレスは高反発ウレタンよりもか弱いマットレスです。揮発油に弱いのでクリーニング業者はNG、熱にも紫外線にも弱いため天日干しやドライヤー、乾燥機もNGです。(中のウレタンが裂けてしまい低反発じゃなくなります)

ですので、低反発マットレスも濡れタオルで押し洗いすることしか出来ません。コーヒーをこぼしたり、子供が粗相した場合は買い換えを検討する方が衛生的です。

高反発ファイバー

洗濯
対処法 洗濯可能

高反発ファイバーは洗えるマットレスとして有名ですので、もちろん洗えます。クリーニング業者さんもOK!

濡れタオルで押し洗いも出来ますし、中性洗剤も使えます。汚れがひどい場合は、ぬるま湯をはった浴槽に中性洗剤をうすめて洗うことも可能です。ただし、熱に弱いため乾燥機や天日干しはNG。乾かすときは陰干しで風通しのいい場所に干しましょう。

 

マットレスの洗い方の流れ

 

熱に弱いマットレスや水に弱いマットレスがあるため、全てのマットレスに共通して出来る洗濯方法をご紹介します。自宅でするマットレスの洗い方は、濡れたタオルを使用します。

用意する物
・中性洗剤
・ぬるま湯
・洗い用タオル2枚
・乾燥用タオル1枚

 

手順1
中性洗剤を薄める
中性洗剤を適量、ぬるま湯で薄めます。(水だと汚れが落ちにくいです)
手順2
タオルを塗らす
洗剤を薄めたぬるま湯にタオルを濡らして優しく絞りましょう。
手順3
タオルで押し洗い
絞ったタオルをマットレスの汚れた部分に押し当て汚れを落とします。(ポンポンと叩いてもOK)
手順4
タオルで仕上げ洗い
汚れが落ちたら、綺麗な水で洗ったタオルを使いマットレスについた洗剤を落とします。
手順5
タオルで乾燥
乾いたタオルでマットレスの水分をしっかり取りましょう。(乾燥が1番重要です)

 

しっかり乾燥させる方法
・吸水性のいいタオルを使う
・風通しのいい場所で陰干しする

・壁に立てかけて扇風機の風を当てる

マットレスはしっかり乾かさないと、ダニが繁殖したりカビや雑菌が増えてしまいます。ダニやカビは、嫌な臭いの原因ともなるので洗濯した後はしっかり乾かしましょう。

 

洗う場合はできるだけマットレスの表面部分のみで。中まで浸透させてしまうとなかなか乾かず劣化の原因になります。汚れがなかなか落ちない場合は②~③を繰り返して下さい。

 

【臭い解決】もし布団でおねしょをしたときの洗い方|羽毛布団や洗えないおねしょ布団はクリーニングに出そう 【臭い解決】もし布団でおねしょをしたときの洗い方|羽毛布団や洗えないおねしょ布団はクリーニングに出そう

 

マットレスの洗濯でよくある質問

マットレスの洗う・洗濯の頻度は?

ホテルや旅館など不特定多数の方が利用する宿泊施設の寝具一式(マットレスも含む)は、半年に1回は洗濯するようにと厚生労働省から推奨されています。さすがに6ヶ月に1回クリーニング業者へ依頼するのは費用がかさみますので、自宅のマットレスでは1年に1回、しっかり洗えれば衛生的だと思います。そのため、日頃からのお手入れが重要です。

【いつ?】布団クリーニングの最適な頻度とタイミング(時期) 【いつ?】布団クリーニングの最適な頻度とタイミング(時期)

洗えないマットレスはどうすればいい?

洗えないマットレスには、日頃から汚さないための対策が必要です。

・防水プロテクター(ジュースやおねしょ対策)汚れたら洗濯
・敷きパッド(汗や湿気対策でカビ予防)2~3週間に1回洗濯
・ベッドシーツ(フケや汚れでダニ対策)1週間に1回洗濯

マットレスの洗濯なら宅配クリーニングが楽

 

自分でマットレスを洗うのが面倒な方やマットレスを購入してから1度も洗濯していない方、汚れが落ちなかった場合などは宅配クリーニングが確実で楽です。

 

費用はかかりますが、新品同様のようなふわふわの仕上がりでカビ・ダニも確実に取り除けます。染み込んでしまったシミも取れる可能性が高いです。

 

マットレスの買い換えをご検討中の方は、ぜひ1度クリーニング業者への依頼も選択してみて下さいね。

 

 

マットレスの洗濯方法と種類別の洗い方まとめ

・熱や水に弱いマットレスが多い
・マットレスの洗濯は濡れタオルが基本
・濡れてしまったらしっかり乾燥すること
・普段からのお手入れで清潔に保とう

マットレスは基本的に洗えません。手洗い可のマットレスでも踏み洗いしたり洗濯機で洗うことは型崩れの原因となるので、あまりおすすめしていません。

 

目に見えない雑菌から目立つシミまで全ての汚れをほぼ0にしてくれるクリーニングは楽クリーニングでも洗ってもらえないマットレスも存在します。

 

定期的な洗濯でマットレスの寿命も長くなりますので、愛着の沸いたマットレスで快眠できる毎日を送って下さいね。

 

【布団カビ】放置は危ない?布団に臭いカビが生えたらすべきカビ取りクリーニング 【布団カビ】放置は危ない?布団に臭いカビが生えたらすべきカビ取りクリーニング おすすめの布団クリーニング 敷布団をフローリングに敷くと危ない?問題点と簡単にできるカビ対策7選 敷布団をフローリングに敷くと危ない?問題点と簡単にできるカビ対策7選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です