あなたにおすすめのクリーニングを探す>>

【いつ?】布団クリーニングの最適な頻度とタイミング(時期)

普段使用している布団、本当に清潔な状態ですか?

博士

布団はサイズが大きく重さもある為、自宅の洗濯機で洗ったりコインランドリーにわざわざ持っていったりするのは面倒という方も多いと思います。

 

結論からいうと、布団は布団洗いのプロである布団クリーニングに出すのが1番おすすめです。

 

今回の記事では、布団クリーニングを利用する上での最適な頻度と出すタイミングについて詳しくご紹介していきます。

 

注意
面倒だからといって、布団を洗わないまま放置してしまうのはNG。

布団には、思った以上に汚れや雑菌が付いているものです。

 

 

布団クリーニングに出さないと不潔

布団を布団クリーニングに出すメリットは、多く存在します。

博士

メリット

  • 確実に汚れ・雑菌を洗い落とせる
  • 布団を洗う時間・手間を掛けずに済む
  • 持ち運びの手間を省ける(宅配クリーニングの場合)

 

布団クリーニングに出すことで、プロの方に洗濯を行ってもらえ自宅の洗濯機・コインランドリーで洗濯するよりも綺麗にすっきり汚れを落とすことが可能です。

 

布団を洗うには、時間も手間も掛かります。布団クリーニングを利用することで、どちらも大幅に節約できちゃうのも嬉しいところです。

 

宅配型の布団クリーニングを利用すれば、自宅から発送し終了後直接届くのでサイズが大きく面倒な布団の持ち運びの手間も省けます。

 

注意
初心者が布団を洗うと、きちんと汚れが落とせない・布団にダメージを与えてしまうことも否定できません。布団クリーニングに出して、確実に汚れを落としてください。

ダニ(死骸や糞だらけ)

直接、目に見えていないからといって汚れが全く溜まっていない訳ではありません。むしろ、布団にはダニ(生きているものから死骸まで)やダニの糞などが沢山付いています。

 

ダニの死骸や糞を吸い込んでしまうと、アレルギー性の皮膚炎・結膜炎や気管支喘息などの原因となりとても危険です。

 

布団は、毎日使用するもの。使用頻度の高いアイテムがダニだらけでは、気分も落ち着かず快適に過ごせるとは言いにくいです。

臭い

布団から嫌な臭いがしている場合、雑菌・カビが発生してしまっている可能性があります。

 

寝ている間にかいた汗や体温により、湿気を含んだ布団は雑菌・カビが発生しやすい状態に。布団から嫌な臭いがしましたら、すぐに布団クリーニングの利用を検討することをおすすめします。

 

注意
カビの胞子を吸い込んでしまうと、ダニと同様健康被害の原因となります。

布団クリーニングに出す頻度(タイミング)を見極める危険信号一覧

事態の悪化を防ぐ為にも、タイミングの見極めが重要です!

博士

  1. 布団に入るとカユイ
  2. 布団が臭い
  3. 布団にカビが生えている
  4. 布団におねしょした

布団に入るとカユイ-ダニ

布団に入ると急に身体がかゆくなる場合、ダニが布団の中に発生してしまっている可能性があります。

布団が臭い

布団から嫌な臭いがする場合、カビや雑菌が発生している恐れがあります。

臭いはするが、実際にカビが見えない場合でも、油断は禁物。目に見えていないだけでカビが発生している可能性が十分にあります。

布団にカビが生えている

黒いカビが生えている布団は不衛生であり、綺麗な状態ではあるとは言い難いです。健康被害を及ぼす前に、早めに手を打つことが重要です。

 

布団をフローリングに直に敷いている場合は、布団だけでなくフローリングにもカビが発生してしまっている可能性があります。

おねしょ(おしっこ)

布団に子どものおねしょやペットのおしっこがついた場合は、早めに布団クリーニングに出してください。不衛生であり、早めに対応しないと臭いやシミが残る恐れがあります。

業者によっては、取り扱い不可であるところもありますので必ず確認を行ってください。

 

注意
おしっこがついた場合は、布団クリーニングに出す前に応急処置を行いましょう。

塗れたタオルでついた部分を拭き取り後、陰干しをします。

【布団カビ】放置は危ない?布団に臭いカビが生えたらすべきカビ取りクリーニング 【布団カビ】放置は危ない?布団に臭いカビが生えたらすべきカビ取りクリーニング 【臭い解決】もし布団でおねしょをしたときの洗い方|羽毛布団や洗えないおねしょ布団はクリーニングに出そう 【臭い解決】もし布団でおねしょをしたときの洗い方|羽毛布団や洗えないおねしょ布団はクリーニングに出そう

布団クリーニングの最適な頻度-年2回(布団入れ替えのタイミング)

布団クリーニングに出す最適な頻度は、布団を入れ替えるタイミングである6カ月に1回の年2回

博士

夏用の布団から冬用の布団に切り替えを行う際、使い終わった夏布団を布団クリーニングに出します。

博士

夏の場合は、布団に沢山の汗がつきますし気温も高い為湿気が溜まりやすいといえます。

 

洗わないまま収納すると、中で雑菌やカビが発生する可能性があり絶対に避けたいところです。雑菌は勿論、ついた汚れを布団クリーニングに出すことでしっかりと落としてください。

 

冬用の布団から夏用の布団に切り替える時が来たら、使い終わった冬布団を布団クリーニングに出します。

博士

 

夏に比べると、汗もかかず乾燥しがちなため必要性を感じない方もいらっしゃると思いますが、押し入れに収納している間に雑菌・ダニが発生する可能性も否定できません。

 

必ず切り替えるタイミングで、ついた汚れを落とすため布団クリーニングを利用してください。

 

羽毛布団の場合はクリーニングの頻度が変わる?

頻繁にクリーニングを行うのは、羽毛布団への負担が大きいです。その為、2~3年に1回布団クリーニングで洗濯を行って、それまでの期間は自宅で天日干しやカバーの洗濯を行っていきましょう。

 

勿論、1年1回出すことで綺麗な状態を保つのも1つの良い方法であり常に布団を綺麗な状態にして、収納中も雑菌を発生させない・シミや汚れを付けないことも重要です。

 

注意
布団クリーニングに出す前には、必ずタブに記載されている洗濯マークをチェックし、洗濯の可否を確認をしてください。

布団クリーニングの流れ

布団クリーニングの利用の流れについて、ご紹介します。

事前に流れを確認することで、実際の利用時にもスムーズに行えるようにしましょう。宅配型の布団クリーニングに出すのがおすすめです。

博士

手順1
クリーニングの申し込み
公式ホームページから、自分の希望に合った布団クリーニングのコース・プランを選んで申し込みを行う。

手順2
宅配キットが自宅に届く
注文後、専用の宅配キットが届く。クリーニングをお願いする布団を指定の袋に入れた後、業者に発送する。

手順3
クリーニング
  業者後に布団が到着後、 検品をして状態を確認したらクリーニング開始!
手順4
自宅に布団が届く
布団クリーニング終了後、綺麗になった布団が自宅に届く。

 

MEMO

店舗型の布団クリーニングも存在しますが、持ち運びの手間が掛かってしまいます。

自宅から簡単に届けられる宅配型がおすすめです。

布団クリーニングの料金相場は?

大体の相場を事前に把握することで、業者選びも楽に分かりやすくなります。

博士

布団クリーニングの料金相場1枚8500~10000円です。お店によっても、差がありますが相場をみると割高に感じる方も多いと思います。

 

とはいえ、持ち運びの手間・時間が掛からない事や送料の部分も考えると妥当であるといえます。

 

注意
布団の種類や枚数、希望のコースやプラン、オプションを付けるかによっても料金は変わってきます。

布団クリーニング頻度とタイミング流れ

メリット

  • 確実に汚れ・雑菌を洗い落とせる
  • 布団を洗う時間・手間を掛けずに済む
  • 持ち運びの手間を省ける(宅配クリーニングの場合)

 

布団には、沢山の汚れがついています。布団クリーニングを利用することで、プロの手によって布団は綺麗になりその他メリットも多くあります。

 

だからといって短い期間に何度も洗ってしまうと綺麗になるどころか布団がダメージを受けてしまう恐れが。値段を見ても、1年間に何度も頻繁にクリーニングに出すのは中々難しいです。

 

MEMO

布団の入れ替えのタイミングである夏と冬の年2回、布団クリーニングに出して丸洗いすることで布団を綺麗で清潔な状態にしましょう。

 

まとめ

記事まとめ

・布団クリーニングに出すことには沢山のメリットがある

・危険信号を正確に見極めて事態の悪化を防ぐのも重要

・年2回の布団入れ替えのタイミングで出すのが最適

・頻繁に洗うのは逆に布団にダメージを与えてしまう

・宅配型のクリーニングに出すのがおすすめ

今回の記事では、布団クリーニングを利用する上での最適な頻度と出すタイミングについてご紹介をしました。

 

質の良い睡眠で1日のたまった疲れをしっかりと取るためには、布団の状態が大変重要です。

 

とはいえ、自宅の洗濯機・コインランドリーで布団を洗うのはとても大変であり時間も手間も掛かってしまいます。宅配クリーニングを利用して、付いた汚れをきちんと落とし清潔でふかふかな布団を手に入れましょう。

 

こたつ布団はクリーニング必要?こたつ布団の料金相場やおすすめ比較(宅配型vs持ち込み型) こたつ布団はクリーニング必要?こたつ布団の料金相場やおすすめ比較(宅配型vs持ち込み型) 羽毛布団はクリーニングしないと危険?おすすめ料金が安い羽毛布団の宅配クリーニング 羽毛布団はクリーニングしないと危険?おすすめ料金が安い羽毛布団の宅配クリーニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です