あなたにおすすめのクリーニングを探す>>

着物クリーニングの最適は頻度は?1年で平均何回着物を洗うべきか?毎回苦労している私が解説します

 

着物をクリーニングに出さないと着物がどうなるかご存知ですか?

博士

 

  • 着物を着たいけどクリーニングが面倒くさい
  • 着物ってクリーニングに出した方がいいの?
  • クリーニングに出すタイミングっていつ?

 

日本の伝統的な衣装である着物は、普段あまり着る機会もなくお手入れの仕方がよくわからない方は多いと思います。

 

結論からいうと、着物はプロのクリーニングに任せた方がいいです。しかし、着物の種類によってはクリーニングに出す頻度が異なるので、着物を着たあとのお手入れ方法と一緒に着物ケアについて学んでいきましょう。

 

注意
本記事での着物クリーニングは、宅配クリーニングについてご紹介しています。

 

 

着物クリーニングおすすめ人気ランキングを見る

 

 

着物をクリーニングに出さないとどうなる?

結論から言うと、着物にシミやカビができます。

 

シミやカビの原因
  • タンスの中の湿気
  • 飲食物が付着したまま
  • 着物に汗が残留している

 

目に見えない湿気や汗が放置されたまま保管してしまうと、シミやカビが出来てしまうのです。

 

「1度しか着ていないから」とクリーニングに出さなければ「1度しか着られなかった」という悲しいことになってしまいます。

博士

 

種類別シーン別の着物クリーニング頻度

普段着用の着物はいつクリーニングに出せばいいのか?1度着たらクリーニングに出さないといけないの?などの疑問にお答えしていきます。

汗をかいたらすぐに着物クリーニング

基本中の基本!普段着用の着物でも、冠婚葬祭用の着物でも汗をかいたらすぐにクリーニングに出しましょう。

 

着物でなくても、ワイシャツやパジャマなどの洋服でも汗をかいたらすぐに洗濯する方が多いと思います。ただ着物は洗濯機では洗えないので、着物クリーニングで着物のプロにお任せし、汗抜きをしてもらうこと。大切な着物を傷ませないためにも汗抜きはとても大切です。

 

よく着る着物

小紋や浴衣、甚平、紬(つむぎ)などの街着とも呼ばれる普段着用の着物は、シーズンごとにクリーニングに出しましょう。

 

普段着用の着物は、訪問着用の着物と素材が違って繊維が丈夫な木綿を使用していることが多いです。木綿は、吸湿性や通気性がいいため頻繁にクリーニングに出さなくてもOK!最近では化学繊維のポリエステルで作られた着物もあり、自宅で洗うこともできる着物が増えてきています。よく着る普段着用の着物は、素材を確認してみましょう。

 

ただし、飲食での汚れや大量の汗をかいた場合などは例外です。訪問着用の着物と同じように、汚れた場合はクリーニングに出すことをおすすめします。

博士

 

礼装用着物(袴・振り袖など)

冠婚葬祭などで着られる正装用の着物は、1度着たらクリーニングに出しましょう。結婚式や卒業式で着るフォーマル服と同じです。

 

礼装用の着物は光沢のある絹を素材にしているものが多く、絹の特徴としては水に弱く濡れると縮んでしまう性質があります。ですので、汗や飲食で汚れたとしても絶対に自宅で洗ってはいけません。

 

他にも、虫にくわれやすい・紫外線で変色しやすいなどの理由があるため、礼装用の着物は素人のお手入れでは長く持たないデリケートな着物です。専門知識をもったプロにお任せしましょう。

 

着物を着たあとのやっておきたいお手入れ

着物をクリーニングに出す前までにやっておきたいお手入れをご紹介いたします。間違った着物ケアで傷ませないためにも、着物を着た後のお手入れを知っておきましょう。

  • ブラッシング
  • 汚れチェック
  • 陰干し

 

着物を脱いだら着物ブラシを使ってチリやホコリを丁寧に取り除きます。チリやホコリは害虫のエサとなるので隅々までブラッシングしておきましょう。ガシガシせずに優しくブラッシングする程度で構いません。

 

着物にブラッシングしながら、汚れが付着していないかも確認して下さい。襟や袖にファンデーションがついていないか、裾にドロや水跳ねがないかなど念入りにチェックしましょう。

 

ブラッシング、汚れチェックが終わったら最後に1番重要な陰干しを行います。陰干しする目的は、汗などの水分を飛ばす目的があります。着物は水分に弱いので、陰干しはとても大切です。

 

注意
水分を飛ばすために天日干しをすることは絶対にNGです!着物は紫外線に弱く、色褪せや変色の原因となるため必ず陰干しを行いましょう。

着物クリーニングの出し方

着物をクリーニングに出す手順を詳しくご紹介いたします。

初めてでも簡単に利用できるのでご安心ください。

博士

手順1
クリーニングを依頼する
公式サイトにて、着物1着から注文できます。振り袖、留め袖、袴や小紋など着物の種類と枚数を選択して注文を確定します。
手順2
着物を発送する
注文後、自宅に無料の宅配キットが届きます。収納袋・申込書・宅配便伝票が同封されているので、必要事項を明記し着物を収納袋に入れ、宅配便伝票を貼って発送します。(送料は自己負担です)
手順3
メールが届く
発送した着物がクリーニング会社に到着したら、着物の写真がメールで届きます。その後、クリーニングが開始されます。
手順4
着物が戻ってくる
クリーニングが終わったら完了メールが届きます。大体2~3週間はかかります。クリーニング後は、専用の包装材で丁寧に梱包され自宅に届きます。

店舗にもっていくクリーニングよりも時間はかかりますが、その分コストを削減しているため安くクリーニングできるのでオススメです。

 

着物クリーニングの頻度まとめ

  • 礼装用の着物は都度クリーニングへ
  • 普段着用の着物はシーズンごとOK
  • 汗をかいたらクリーニングで汗抜き
  • 着物を着たあとのお手入れも忘れずに

 

フォーマル服と違って着るにもお手入れにも手間がかかる着物ですが、昔と違って現在では気軽にクリーニングに出せる業者が増えています。

 

「着物はクリーニングにお金がかかる」という今までの常識を良い意味でぶっ壊してくれる宅配クリーニング、非常にありがたいですね。

もっと気軽に着物を着てもらえる機会が増えることを願っています♪

博士

 

着物クリーニングの料金相場|知っておきたい相場とぶっちゃけかかる着物クリーニングの費用 着物クリーニングの料金相場|知っておきたい相場とぶっちゃけかかる着物クリーニングの費用 【業界最安】きものtotonoe(トトノエ)の着物クリーニングの評判と口コミ 【業界最安】きものtotonoe(トトノエ)の着物クリーニングの評判と口コミ 白洋舎の着物クリーニングの料金と口コミ|白洋舎は高品質のシミ抜きで評判 白洋舎の着物クリーニングの料金と口コミ|白洋舎は高品質のシミ抜きで評判

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です