あなたにおすすめのクリーニングを探す>>

エアコンクリーニングの最適な時期と頻度(春と秋がおすすめ)

 

エアコンクリーニングで電気代を節約できます。

とは言うものの、エアコンクリーニングは適切な頻度で最適な時期に行うことが大切です。

夏や冬の電気代の請求が恐ろしくないですか?そして久しぶりにエアコンを付けるのは、少しだけ勇気がいりませんか?それは見えてしまったホコリ、感じてしまったカビ臭さを放置してしまった結果です。

エアコンクリーニングを適切な頻度で行えば、電気代を大幅に節約できます。月1,000円ほど節約できる人がザラです。

またエアコンを付けた際にカビ臭さを感じたら、それはエアコンクリーニングすべきサインです。エアコンクリーニングは年中依頼が可能ですが、時期を間違えると大変なことになります。

ここでは電気代節約につながるエアコンクリーニングの最適な時期と適切な頻度をお伝えします。

 

参考 エアコンクリーニングおすすめランキングクリーニングラブ

 

エアコンクリーニングすべきサイン3つ

エアコンクリーニングすべきサインは3つです。
ホコリやカビが見えた!カビ臭さを感じた!それはエアコンクリーニングを余儀なくされています。

エアコンクリーニングすべき3つのサイン

・カビ臭い

・噴き出し口にホコリや汚れが溜まる

・アレルギー症状

 

カビ臭い

カビ臭い!それは末期症状です。
カビ臭さを感じたら、エアコンにカビが繁殖しまくっていると考えてください。

 

噴き出し口にホコリや汚れが溜まる

噴き出し口とその内部を見てみてください。
エアコン噴き出し口と内部に黒いものが一面に付着していたら、それはカビとホコリです。

 

アレルギー症状

咳・くしゃみが頻発したら要注意です。
そのアレルギー症状、エアコンの風がカビを巻き散らしていることが原因かもしれません。

 

エアコンクリーニングの適切な頻度

数ヶ月に1回など頻繁に行う必要はありません。
エアコンクリーニングは、どのくらいの頻度で行うのが適切か説明します。

 

エアコン内部のクリーニングは年1回

エアコン内部は年1回、業者に依頼しましょう。

エアコンクリーニングを一年に1回の頻度で行う最大のメリットは「電気代の節約」です。

エアコンクリーニングの頻度を間違えると、電気代を大幅に損することになります。

エアコン内部が汚れた状態では、エアコンの稼働率が低下します。そのため必要以上の温度設定となり、余計な電力を消費することで電気代が高くなってしまうのです。

一方エアコンクリーニングを年に1回の頻度で行うだけで、電気代の節約に繋がります。余計な電力を消費せずに(冷房の場合)温度を高めに設定しても涼しく感じられるからです。

設定温度を冷房なら一度上げると約10%、暖房なら一度下げると約7%の電気代節約が見込めます。

例えば夏場にエアコンだけで電気代が5,000円かかっているご家庭は500円の節約になります。

エアコンクリーニングを年に1回の頻度で行うことで、エアコンの稼働率低下を防ぎます。清潔な状態のエアコンは、大幅な電気代の節約につながるのです。

エアコン内部のクリーニングは、一年に1回の頻度でプロにお任せするのがおすすめです。

 

エアコンのフィルター掃除は月1回

エアコンフィルター掃除の頻度は月に1回です。

健康的な生活を送るためにもエアコンフィルターの掃除が大切です。

冷房使用時に発生した結露の水分が、フィルターにたまった汚れと結合することでカビが大量発生します。カビや汚れで目詰まりした状態のフィルターから噴き出る風は、健康に悪影響を及ぼします。

健康への悪影響

・咳やくしゃみが止まらない

・サラサラな鼻水が出る

・夏型過敏性肺炎を引き起こす(発熱・咳・息切れ・呼吸不全)

またエアコンフィルターが汚れたままで使用を続けると、エアコン本体の性能が弱まります。よって電気代が高くなったり、さらにはエアコン自体の故障に繋がります。

エアコンフィルター掃除は月に1回の頻度で行うのがおすすめです。自分で簡単にできます。

 

エアコンクリーニングのおすすめ時期

エアコンクリーニング狙いめ時期は春と秋です。

⇒図を差し込んでください

エアコンクリーニング業者の閑散期が絶好のタイミングです。閑散期は上記グラフでわかる通り、3月~4月と10月~11月です。

 

春(3月〜4月)

エアコンクリーニングの最適な時期です。
春の3月~4月、この時期はエアコンの使用頻度が低い傾向にあります。そのためエアコンクリーニングを依頼する人も少なく、業者にとっては閑散期と言えます。閑散期は料金が安くなる可能性が高いため、エアコンクリーニングのおすすめ時期です。

また冷房を使用する前がエアコンクリーニングに適した時期です。冷房の使用開始前にエアコンクリーニングを行っておけば、カビの繁殖を最小限に抑えることができます。その点でも3月~4月がエアコンクリーニングに最適な時期といえます。

 

秋(10月〜11月)

10月~11月の秋もおすすめの時期です。
エアコンクリーニング業者が9月で繁忙期を終えるため、10月~11月は予約が取りやすくなります。さらに春の閑散期同様、エアコンクリーニング料金が安くなることが見込めます。


また冷房使用時はエアコン内部で水分と汚れが結合し、カビを繁殖させています。夏に蓄積した汚れをきれいにし、快適に暖房を使うためにも10月~11月はエアコンクリーニングのおすすめ時期です。

 

夏や冬にエアコンクリーニングを頼むデメリット

夏や冬はデメリットのループに陥ります。
この時期はエアコンクリーニングの依頼が多く、業者の繁忙期です。

STAGE.1
久しぶりにエアコンをつけた
エアコンの風がカビ臭い
STAGE.2
エアコンクリーニングしよう
依頼殺到、業者の繁忙期
STAGE.3
予約がむずかしい
カビ臭いまま数日過ごす
STAGE.4
やっと予約できても料金割高に
繁忙期の負のループに陥る

エアコンクリーニング業者の忙しい時期の予約は、1ヶ月先まで待つ可能性があります。カビ臭く健康に悪影響を及ぼす中で過ごさないでいいよう、シーズンオフ中にエアコンクリーニングしましょう。

 

エアコンクリーニングを自分でやるには限界がある

エアコンクリーニングは業者に依頼が先決です。

エアコンクリーニングを自分でやるには限界があり覚悟が必要です。

エアコンクリーニングを自分でやる場合

・半端なく手間がかかる(半日~丸1日)

・掃除できるのはエアコン本体の表面とフィルターのみ

・分解すると故障する可能性がある

手の届かない内部のエアコンクリーニングには、専門的な知識と専門の道具が必要です。エアコンクリーニング業者なら、エアコンを分解して高圧洗浄を行いきれいにしてくれます。抗菌・防カビコーティングも行ってくれます。

カビ臭さの元を根絶できるのはプロ技です。
クオリティとスピードは、エアコンクリーニング業者には敵いません。エアコンクリーニングは業者にお願いするのが断然おすすめです。

 

【簡単5ステップ】エアコンを自分で掃除する仕方|クリーニング不要で自分で掃除 【簡単5ステップ】エアコンを自分で掃除する仕方|クリーニング不要で自分で掃除

 

エアコンクリーニングの時期と頻度まとめ

エアコンクリーニングはプロに任せましょう。

エアコンクリーニングの適切な頻度、おすすめの時期をお伝えしました。頻度と時期を間違えると、家計にも健康にも大きな被害をもたらします。

エアコンクリーニングのおすすめ時期

・春(3月~4月)

・秋(10月~11月)

エアコンクリーニングの頻度

・エアコン内部は年に1回業者に依頼

・エアコンフィルターは月に1回自分で行う

エアコンクリーニングで清潔・快適な日々を送れます。そしてエアコンクリーニングは電気代の大幅な節約につながります。

春か秋の時期に、一年に1回の頻度でのエアコンクリーニングがおすすめです。

 

 

エアコンクリーニングの料金相場|知っておきたい相場より料金を安くする方法 エアコンクリーニングの料金相場|知っておきたい相場より料金を安くする方法 【怖い】エアコンの中からゴキブリが!知っておきたい侵入経路と4つのゴキブリ対策 【怖い】エアコンの中からゴキブリが!知っておきたい侵入経路と4つのゴキブリ対策

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です