あなたにおすすめのクリーニングを探す>>

【怖い】エアコンの中からゴキブリが!知っておきたい侵入経路と4つのゴキブリ対策

 

 

「毎日使うエアコンからゴキブリが出てきた」なんて話を聞いたことはありませんか?想像しただけでも気持ち悪いですよね。

博士

 

エアコン内から“カサカサ・・・”という音が聞こえたり、小さな黒い粒(ゴキブリの糞)が落ちていたら要注意です!ゴキブリがエアコン内部に巣を作っていたり、卵を産み付けている可能性が非常に高いです。

 

・ゴキブリがエアコン内部に侵入する経路
・エアコン内にゴキブリがいる時の駆除方法
・ゴキブリが侵入してこないための対策

 

年に2回エアコンクリーニングをお願いしている私はもちろん、エアコンからゴキブリが出てきた経験があります。ゴキブリ駆除する方法と、今すぐ対策できる簡単な方法もご紹介しているので、ぜひ参考にして下さい。

 

注意
ゴキブリは春頃から秋にかけて活動的になります。ゴキブリ対策は思い立ったら直ちに行うことをおすすめ致します。

 

多くの家のエアコンにゴキブリがいる!!カサカサ音がなったり落ちてきた経験をする人が多い

 

この投稿をInstagramで見る

 

クリーニングラブ(@clean_love.site)がシェアした投稿

実は、エアコンってゴキブリにとっては快適な空間なんです。

博士

 

“カサカサ・・・”という音が聞こえたり、突然おちてきた、というケースは意外と多くあるようです。

 

ゴキブリが住みやすい環境

  • ゴキブリはホコリを餌にしている
  • 水分も必要(結露など)
  • 暗くて狭い場所を好む
  • 温度が7℃以上の環境

 

エアコンからゴキブリが出てこなくとも、エアコン内部に卵を産み付けています。

 

MEMO
カサカサ・・・という音がなった場合にエアコンを稼働させるのは絶対にNG!エアコン内部でゴキブリが潰れてしまい、エアコンが故障する原因になるからです。

 

エアコンの中にゴキブリが侵入している経路

ゴキブリがエアコン内部に侵入してくる侵入経路は3つあります。

博士

  • エアコンドレンホース
  • 家の壁の隙間
  • エアコンの配管穴の隙間

 

これらの対策をひとつもしていない人はエアコンの中にゴキブリがいる可能性が非常に高いです。

 

経路1.エアコンドレンホース

ドレンホースからゴキブリが入ってきます。

博士

エアコンの内部で発生する結露水(ドレン)を外へ排水するために付けられている「ドレンホース」という部品があります。室外機からピョロっと出ている直径14mm~16mm程度のホースのことです。

 

そのドレンホースがむき出しのままになっていると、ドレンホースの排出口からゴキブリや害虫が侵入してきます。ゴキブリはわずか3~4mm程度の隙間があればどこでも侵入します。

 

注意
ドレンホースの排出口を完全に塞いでしまうと結露水が排出されず、エアコン内部から水漏れが発生します。これもまたエアコンが故障する原因です。

 

経路2.家の壁などの隙間

老朽化により家の壁に隙間ができていたり、換気のために開けた窓の隙間などから侵入してくることもあります。

隙間風が入ってきている場所などは要注意です。特にゴキブリが活発に動く梅雨時期や真夏はゴキブリが侵入してきやすくなります。

経路3.エアコンの配管穴の隙間

エアコンの配管穴は粘土素材で覆われているのですが、これは劣化します。消耗した配管穴の周りにわずかな隙間がうまれてしまい、その隙間がゴキブリや害虫の侵入経路となるのです。

 

注意
配管穴の老朽化は、黒ずんでいたり変形していると注意が必要です。

 

エアコンのゴキブリを駆除する方法

次はゴキブリ駆除の方法をご紹介いたします。

博士

殺虫剤スプレー・バルサンで追い出す

ゴキブリにはやっぱり殺虫剤ですが、使用する場合の注意点が2つあります。

  • エアコン内部に殺虫剤をかけないこと
  • 使用する殺虫剤は瞬間冷凍系のスプレー

 

エアコンに直接、殺虫剤を吹きかけるのは故障の原因を飛び越えて、火災の原因ともなり得ます。エアコン周辺に殺虫剤を吹きかけておきましょう。

 

注意
ゴキブリの卵は硬い殻に包まれているため、殺虫剤やバルサンでは効果がないです。エアコン内部にゴキブリが巣を作って卵を産み付けていた場合、殺虫剤やバルサンを使う方法では、卵まで駆除できないです。

 

エアコンクリーニングで業者に掃除してもらう

エアコンクリーニングならゴキブリ駆除確実です。

博士

 

ゴキブリ駆除できる1番確実な方法は、エアコンクリーニングをプロにお任せすることです。

 

メリット

  • ハウスダストやホコリまで徹底的に掃除
  • ゴキブリの卵まで完全駆除

 

6千円~1万円前後で殺虫剤では取り除けなかったゴキブリの卵や巣まで完全に駆除できて、エアコン内部のハウスダストやホコリまで綺麗さっぱりお掃除してもらえます。

我が家では年に2回ほどエアコンクリーニングをしています。ゴキブリ対策もかねているのですが、年間の電気代も安くなっています。

 

さらに、オプションでドレンホースの排出口に付ける防虫キャップまでつけてもらえます。ゴキブリのカサカサ音が聞こえたことのある方はぜひ1度、エアコンクリーニングを利用してみて下さい。

エアコンにゴキブリが侵入しないための事前対策

もう2度とゴキブリがエアコン内に侵入してこないために、やっておくべきゴキブリ対策を紹介します。

博士

  • ドレンホースに防虫キャップをつける
  • エアコン配管穴をパテで埋める
  • フィルターをこまめに掃除する
  • エアコンクリーニングをする

 

それぞれの方法を解説します。

 

ドレンホースに防虫キャップを付ける

 

ゴキブリが侵入してこないようにドレンホースに、防虫キャップをつけましょう。

 

ドレンホースを完全に塞ぐと結露水が排出されずエアコンが故障しますが、防虫キャップには水が流れる程度の小さな穴があり、虫が入って来られない作りになっています。

 

おすすめはエアコンクリーニングで内部を綺麗にした後に防虫キャップを付けることです。

 

もしかしたらエアコン内部にゴキブリの卵や巣がある状態で、防虫キャップを付けるなんてことは・・・・・・考えただけでも鳥肌が立つのでご想像にお任せします。

 

パテでエアコン配管穴の隙間を埋める

市販でも専用のパテが売られているので簡単にエアコンの隙間を埋めることが出来ます。

エアコンパテで隙間を埋めることはゴキブリの侵入経路を断つだけでなく、雨水や外気の侵入も防ぐことになるのでおすすめ対策です。

注意
パテを購入する際は「エアコン用パテ」を購入して下さい。普通のパテには油分がなく、エアコン用パテに比べて硬化するのが早いです。

 

フィルターをこまめに掃除する

ゴキブリの餌となるホコリが溜まるのはエアコンフィルターです。

博士

 

ゴキブリを寄せ付けないためにも、フィルターはこまめに掃除することが必須です。

エアコンの使用頻度にもよりますが、毎日、朝から晩まで1日中つけっぱなしという場合は2週間に1回フィルターを洗って掃除しましょう。

 

【簡単5ステップ】エアコンを自分で掃除する仕方|クリーニング不要で自分で掃除 【簡単5ステップ】エアコンを自分で掃除する仕方|クリーニング不要で自分で掃除

 

定期的にエアコンクリーニングをする

 

エアコンクリーニングは年1回〜2回しなければかなり汚い状態です。

 

我が家でも年に2回、エアコンクリーニングをプロにお任せしているんですが、梅雨に入る前と冬が来る前にお願いしています。

 

ゴキブリの活動期は梅雨時期と真夏で、ゴキブリの卵が孵化するのには10~14日ほどかかります。エアコン内部に侵入してくる時期を未然に防いで対策をするといいでしょう。

 

MEMO
1度でもエアコンクリーニングを依頼すると自宅でする定期的な掃除がかなり楽になります。フィルターも軽く水洗いするだけでいいので、ゴキブリの餌となるホコリもありません。

 

 

【怖い】エアコンのゴキブリの駆除方法と対策まとめ

  • ドレンホースには防虫キャップを
  • 劣化した配管穴にはエアコン用パテを
  • 殺虫剤ではゴキブリの卵まで駆除できない
  • 定期的なエアコンクリーニングでG完全対策!

 

エアコンからゴキブリが出てくる、という恐ろしい話をご紹介いたしました。出来ることなら人生でゴキブリを目にする機会はない方がいいですよね。

 

ド素人がなんの知識もないままエアコンクリーニングを行うことは、故障の原因にもなり得ます。エアコンの修理費を考えると、プロにエアコンクリーニングをお任せする費用なんて安いもんです。

 

たかがエアコンですが、されどエアコンです。年間ほぼ毎日使うエアコンでありお家の中と外が繋がっている家電ですので、害虫対策はしっかり行いましょう。

 

エアコンクリーニングの料金相場|知っておきたい相場より料金を安くする方法 エアコンクリーニングの料金相場|知っておきたい相場より料金を安くする方法 エアコンクリーニングの最適な時期と頻度(春と秋がおすすめ) エアコンクリーニングの最適な時期と頻度(春と秋がおすすめ)

 

主要エリアからおすすめ エアコンクリーニングを探す

東京大阪名古屋仙台横浜埼玉

千葉神戸京都広島福岡沖縄

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です